ブランドから探す

TSP

HALEOとBULKSPORTSの、品質保証&アンチ・ドーピング。

TSPプログラムとは、第3者機関によりラベル通りの成分が使われていることを検査し、その純度を証明するものです。 
→詳しくはこちら

sponsor

HALEOは仙台89ERSを
応援しています!

TRUE・SAFE・PURE

通常、業者から購入する原料には分析証明書が添付されており、この証明書で品質保証は十分としている会社もあります。
多くの場合、大手メーカーや老舗の供給業者の分析証明書は非常に正確で製品の品質も一貫しています。
しかしながら、品質にこだわるHALEO・バルクスポーツでは、業者から原料と分析証明書を受け取った後、信用のおける独立検査機関で再検査を行い、弊社の高い品質基準に合格しない品は返品されます。
HALEO・バルクスポーツの輸入製品と成分はバクテリア、溶媒残留物 、その他の汚染物の含有レベルなどの検査を受けますが、
多くのブランドはこのような検査は行っていません。市場の中には安い原料を使用し製造販売を行なうメーカーもあり、消費者はメーカーがどのような原料を使用しているか用心しなくてはなりませんが、HALEO・バルクスポーツの消費者にはそのような心配はありません。

TSP Q&A

TSPとは何ですか?

TSP (True. Safe. Pure)はサプリメントの検査プログラムで、TSPマークのついている製品は高品質の基準に則って製造され、かつ特定の禁止物質に対する試験に合格したことを証明しています。したがってプロアスリートにも安心して使用して頂けることを保証しています。

市場に出ているサプリメントの中にはWADA(世界アンチドーピング機関)やその他スポーツ団体が禁じている低濃度のステロイドや興奮剤で汚染されている製品があることが調査により明らかにされています。

このリスクを防ぐため、サプリメント業界の世界的リーダーである禁止薬物検査機関の協力を得て、ボディプラスインターナショナルが設立した制度がこのTSP承認プログラムです。

TSPの検査対象となる物質は何ですか?

製品を汚染する恐れのある物質や、スポーツにおける272種類の禁止薬物はもちろん、処方箋、市販薬、そしてスポーツ分野で禁止されていない不法薬物も含めた211種、計483種類もの物質を検査対象としています。

TSPはWADA禁止物質リストにある全ての物質を検査するのですか?

WADA禁止物質リストに掲載されている全ての物質をTSPプログラムでは検査しておりません。これは、どの研究所でもそれを行うことは難しいという以下の理由に所以しています。

  • WADA禁止物質リストは「オープンエンド(無制限)」もしくは最終版ではありません。リストではアナボリック剤や関連物質及び禁止使用法のみを分類して掲載しており、禁止物質の全てをリストアップしているわけではありません。
    サプリメントの汚染検査をする際、このリストをチェックリストとして使用することはできません。これは、今までに検査あるいは使用されたことのない、新たな薬物による汚染などを分析することができないためです。
  • 物質の中には体内で他の禁止物質へ変換されるものもあります。WADAで実施されている尿検査で検出された禁止物質が、サプリメントや食品に含まれた他の汚染物からの変換物質である場合もあります。このような物質は検査することができません。

WADA禁止物質リストのすべての物質を検査することは難しいですが、TSPプログラムはWADAの科学部門が開発した禁止物質リストに基づいて検査を行っています。したがってTSPマークの付いている製品はサプリメント使用時のリスクを大幅に防ぐ基準となっています。

科学顧問委員会メンバー

HALEO、バルクスポーツの2つのブランドを擁するボディプラスでは、第一線の研究者を科学顧問委員会に迎えております。
その中には、ヨーロッパ及び汎米における栄養サプリメントの法規制コンプライアンスを専門とするコンサルティングを行なっているメンバーもおり、常に最新の情報に基づきながら、効果・安全性等の観点から実際の検証を行いつつ、新しいフォーミュラを開発しています。

  • ラルフ・イェガー医学博士

    ラルフ・イェガー 医学博士

    FISSN、CISSN、MBA、スポーツ栄養士、
    国際スポーツ栄養学会会員、
    JISSN及びThe National Strength and Conditioning Association(ナショナルストレンクス&コンディショニング協会)編集委員会メンバー

  • 永富良一医学博士

    永富 良一 医学博士

    東北大学大学院医工学系研究科教授
    昭和59年東北大学医学部卒
    医学博士
    日本体育協会公認スポーツドクター
    日本アンチドーピング機構メディカルオフィサー

  • 佐藤雅幸教授

    佐藤 雅幸 教授

    専修大学教授(スポーツ心理学)
    ヨネックススポーツ財団 評議委員
    日本テニス協会上級指導員スポーツ心理学講師
    日本ブラインドテニス連盟顧問
    日本テニス学会副会長

  • ジョン・ベラルディ博士

    ジョン・べラルディ 博士

    ウェスタンオンタリオ大学より博士号取得。
    運動生物学および栄養生化学専攻。
    現在、非常勤講師としてテキサス大学 オースティンキャンパスで運動科学の 教鞭をとる。

  • エリック・セラノ医学博士

    エリック・セラノ 医学博士

    カンサス州立大学卒業、カンサス大学で医学博士の学位を取得。 長年の臨床医としての経験と実世界での経験から得た博士の専門知識は非常に幅広く、セラノ博士には世界各国のエリートアスリートからパフォーマンス向上のアドバイスを求める依頼が殺到する。

第三者機関での検査結果

第三者認定機関による検査結果を全て公開しています。安全で最高な品質と純度を皆さん自身の目で確認し、安心してお使い下さい。

PROTEIN

AMINO ACIDS

MISCELLANEOUS

検査対象の禁止物質リスト及び検査方法

ドーピング物質質量検査について、GCMSまたはLCMS法により以下の物質の抽出・質量基準値の分析を行っております。

GCMS法によって分析された物質方式の性能報告レベル値
1,4-アンドロスタジエン-3,17-ジオン
10ng/g
-
4-アンドロステン-3,17-ジオン and/or 5(6)-アンドロステン-3,17-ジオン ※1
-
10ng/g (50ng/g) ※2
4-アンドロステン-3β,17β-ディオール
-
10ng/g
5α--アンドロステン--3β,17β-ディオール
-
10ng/g
5(6)- -アンドロステン--3β,17β-ディオール
-
10ng/g
5α--アンドロステン--3,17-ジオン
-
10ng/g
デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)
-
10ng/g
4-エストレン-3,17-ジオン(19-ノル-4-アンドロステン-3,17-ジオン)and/or 5(10)-エストレン-3,17-ジオン(19-ノル-5(10)-アンドロステン-3,17-ジオン)and/or 5(6)-エストレン-3,17-ジオン(19-ノル-5(6)-アンドロステン-3,17-ジオン)※1
10ng/g
-
4-エストレン-3β,17β-ジオン(19-ノル-4-アンドロステン-3β,17β-ジオン)もしくは5(10)-エストレン-3β,17β-ディオール(19-ノル5(10)-アンドロステン-3β-17β-ディオール)※1
10ng/g
-
ナンドロロン(19-ノル-4-アンドロステン-17β-ヒドロキシ-3-one)
10ng/g
-
テストステロン
-
10ng/g

※1)これらの物質は異性体であり、この検査による区別はできません。
※2)50ng/gの報告レベル値は牛乳もしくは牛乳由来の物質を含む製品に適用されます。

1(3-クロロフェニル)ピペラジン 100ng/g -
アセブトロール 100ng/g -
アルフェンタニル 100ng/g -
アルプレノロール 100ng/g -
アミフェナゾール 100ng/g -
アンフェタミン 100ng/g -
アテノロール 100ng/g -
バンプテロール 100ng/g -
ベンゾイルエクゴニン 100ng/g -
ベンズフェタミン 100ng/g -
ベンジルピペラジン 100ng/g -
ビソプロロール 100ng/g -
ブメタナイド 100ng/g -
ブニトロール 100ng/g -
ブプラノロール 100ng/g -
ブプレノルフィン 100ng/g -
ブプロピオン 100ng/g -
ブトフィノロール 100ng/g -
カンレノン 100ng/g -
カラゾロール 100ng/g -
カルフェンタニル 100ng/g -
カルフェドン 100ng/g -
カルテロロール 100ng/g -
カチン(ノルプソイドエフェドリン)
100ng/g
-
セリプロロール 100ng/g -
クロルフェンテルミン 100ng/g -
シマテロール 100ng/g -
クレンブテロール
10ng/g
-
クロミフェン 100ng/g -
クロパミド 100ng/g -
クロベンゾレックス 100ng/g -
クロプレナリン 100ng/g -
コカイン
100ng/g
-
クロエタミド 100ng/g -
サイクロペンタミン 100ng/g -
サイプロヘプタダイン 100ng/g -
デクストロモラミド 100ng/g -
ジアモルフィン 100ng/g -
ジエチルプロピオン 100ng/g -
ジピパノン 100ng/g -
ジプレノルフィン 100ng/g -
ドクサプラム 100ng/g -
エフェドリン/プセウドエフェドリン -
100ng/g
エスモロール 100ng/g -
エタフェドリン 100ng/g -
エタミヴァン 100ng/g -
フェンブトラザト 100ng/g -
フェンカンファミン 100ng/g -
フェンフルラミン 100ng/g -
フェノテロール 100ng/g -
フェノゾロン 100ng/g -
フェンタニル 100ng/g -
フルオロフェネチルアミン 100ng/g -
フルオクセチン 100ng/g -
フルボクサミン 100ng/g -
フォルモテロール 100ng/g -
ゲストリノン 10ng/g

-

ヘプタミノール 100ng/g -
HMMA 100ng/g -
インダパミド 100ng/g -
イソメセプテン 100ng/g -
ラベトロール 100ng/g -
レヴォファセトペラン 100ng/g -
マブテロール 100ng/g -
MDA 100ng/g -
MDMA(エクスタシー) 100ng/g -
メフェノレックス 100ng/g -
メフルシド 100ng/g -
メタドン 100ng/g -
メタンフェタミン 100ng/g -
メトクシフェニルピペラジン 100ng/g -
メチルエフェドリン 100ng/g
-
メチルヘクサナミン(1,3-ジメチルペンチルアミン) 100ng/g -
メチルフェニデト 100ng/g -
メチルトリエノロン 100ng/g -
メトプロロール 100ng/g -
モダフィニル 100ng/g -
モプロロール 100ng/g -
ナドロール 100ng/g -
ナドキソロール 100ng/g -
ナルブフィン 100ng/g -
ナロキソン 100ng/g -
ナルトレキソン 100ng/g -
ニケタミド 100ng/g -
オリパヴィン 100ng/g -
オキシコドン 100ng/g -
オキシメタゾリン 100ng/g -
ペモリン 100ng/g -
ペンブトロール 100ng/g -
ペンタゾチン 100ng/g -
ペントキシヴェリン 100ng/g -
ペチジン 100ng/g -
フェンジメトラジン 100ng/g -
フェンメトラジン 100ng/g -
フェンテルミン 100ng/g -
ピンンドロール 100ng/g -
ピルブテロール 100ng/g -
ピレタニド 100ng/g -
ポリチアジド 100ng/g -
プラクトロール 100ng/g -
プロベネシド 100ng/g -
プロリンテン 100ng/g -
プロプラノロール 100ng/g -
プロチペンジル 100ng/g -
キネタゾン 100ng/g -
リトドリン 100ng/g -
サルブタモール 100ng/g -
サルメテロール 100ng/g -
セレジリン 100ng/g -
シブトラミン 100ng/g -
シルデナフィル 100ng/g -
ソタロール 100ng/g -
スピロノラクトン 100ng/g -
スタノゾロール
10ng/g
-
ストリキニン
100ng/g
-
タモキシフェン 100ng/g -
テルブタリン
100ng/g
-
テトラヒドロゲストリノン(THG)
10ng/g
-
ティモロール 100ng/g -
トラセミド 100ng/g -
トレミフェン 100ng/g -
トレンボロン 100ng/g -
トリフルオロメチルフェニルピペラジン 100ng/g -
トリパミド 100ng/g -
ツアミノヘプタン 100ng/g -
ツロブテロール 100ng/g -
キシロマタゾリン 100ng/g -